FC2ブログ

ニキビ肌・アトピー・年齢肌の改善に!高濃度オリゴ糖W配合!モニター満足度100%の無添加処方に拘った美肌菌育成コスメ”オリゴロジック”で美肌菌を育てて「新キレイ体験」をしている女子増加中! - 美容コスメ☆くちコミしちゃうから

ニキビ肌・アトピー・年齢肌の改善に!高濃度オリゴ糖W配合!モニター満足度100%の無添加処方に拘った美肌菌育成コスメ”オリゴロジック”で美肌菌を育てて「新キレイ体験」をしている女子増加中!

1_20171113092415442.jpg

うるおい力をアゲル「オリゴロジック カルチャリングシリーズ」の口コミ!


どうやら、わたしの「菌」は、毎日すくすくと順調に育っているみたいです。

今話題の「美肌菌美容」を取り入れているのだけど、近頃、

お肌のキメが整い、なめらかになったおかげか化粧ノリも良く、

スピーディーに終われるし、メイクの仕上がりに悩まされなくなったのですよー(」*´∇`)」



今からの季節は、乾燥が気になるシーズンとなり、悩まされる人も増えるはずですが

この美容方法であれば、わたしは悩むこともなさそうだな・・と感じている次第です(*^_^*)



空気が乾いたり、暖房器具を稼動するようになると肌も乾燥するため

カサツキやニキビ:吹き出物が出来やすいですから、

保湿成分のたっぷり入った化粧品で、乾燥肌対策をやる!といった方も多いでしょう。




わたしも何時もなら、そういったスキンケアを行うのだが、数ヶ月前に、

美肌菌美容といったワードに触れる機会があり、肌の状態を最良に保つためにわ

お肌に住む皮膚常在菌が、潤いアップと肌荒れ予防に欠かせないことを知りました。



そうそう、ググッている時に知ったのだが、

美人は、お肌に住む菌の飼育上手なんですってよ!

この文言に↑心当たりのある方って、どれほどいらっしゃるだろうか?!



わたしが勝手に思うに、きっと・・美人の方って、

とても美意識が高く、他人よりも先に美肌菌美容の情報を手に入れたか

普通に入念なケアをやる上で、知らないまま美肌菌美容になってたか・・だろうな。




まっ、どちらにしても凄い・・って思うのだが・・・(°_°)




そこで興味がフツフツと沸きあがり、美肌菌に関わる化粧品を色々と探ったところ

「オリゴロジック」と出会いまして、只今キャンペーン中でお安かったし(-∀-)

これはゲットするべきだろうな・・ってことで、現品を入手して使用を続けています。



後ほどの項目にて詳しくお知らせしますが、このオリゴロジックわ

美肌菌美容のために作られている!といっても過言ではないブランドなので

肌の潤い不足や肌トラブルを根本のところから改善したい方々に試して頂きたい一品です





素肌を健全に保つ常在菌(善玉菌)を養うべし


ご存知の方も多いかもですけど、体に住む菌は、「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の

大きく分けて3つの常在菌から成り立っていますよね

有名なフレーズとなった腸内フローラは、それら腸内細菌がお花畑のように

見えることから、そう呼ばれていますが、3つの常在菌バランスが出来るだけ

善玉菌の多い(優勢な)バランスでキープすることがベストな状態になります



実のところ、お肌の表皮にも皮膚常在菌がつねに存在し

わたし達の肌を守ったり、バランスが乱れると悪さを働くこともあるんですよね




お肌が弱酸性とかアルカリ性に傾く・・って文言を、よく見たりすると思うが

実は、このpH値を左右するのが、皮膚常在菌の作用でして

善玉菌が乳酸や酸を作りだすことによって、お肌の弱酸性を保てるようになっているんです



つまり、pH(ペーハー)バランス=皮膚常在菌のバランスといえるかも



その表皮のpHバランスを、中性または弱酸性に整えることこそが

美しいお肌のキープとかトラブルの予防改善には、とても重要になるのです



たとえば、乾燥をしがちな肌やニキビなどが出来やすい肌の場合

表皮の常在菌のバランスが乱れ、悪玉菌優勢のアルカリ性に傾いてる状態なのよね



これがね、とても厄介なのですよ

悪玉菌はアルカリ性の環境を非常に好みますし

一度、悪玉菌優勢になれば、日和見菌も悪い方へと変わって、一気に増殖をします



もっとも分かりやすいのが「ニキビ:吹き出物」であり

分かりにくいところなら、お肌の乾燥とかカサツキ、シミシワなどの肌トラブルです



後ほど詳しく記載していますが、お肌って弱酸性の皮脂膜によって

乾燥を防止し さまざまな刺激物から、肌をガードしてくれているんですね

しかし、悪玉菌の増殖したアルカリ性では、それを発揮できなくなるのが大問題なのよ



たとえば悪さをする代表的な悪玉菌が、黄色ブドウ球菌 になりますが

黄色ブドウ球菌は、アルカリ性の環境でドンドン増えてしまう菌でして

これが増えると、肌が乾燥してシワを作るとか、化膿させてニキビになるのだそうです



そして黄色ブドウ球菌が異常増殖をすると、痒みの元となる毒素を大量に出し

アトピー性皮膚炎を引き起こすってことが、研究で分かっているから要注意ですよ



そしてニキビと深い関わりのあるアクネ菌

イメージ的に悪そうなのだが、元々の状態は、そんなに悪い菌ではなく

皮膚を弱酸性にたもちバリア機能を発揮する善玉菌にもなりえる日和見菌のひとつ




ただ、アクネ菌って皮脂が大好物なため皮脂の多いオイリー肌だとか

悪玉菌の多い環境だと、アクネ菌も悪玉菌へと変化し炎症(ニキビ)を起こす原因になる



ぶっちゃけ、「敵」にもなるし「味方」にもなる日和見菌なのよね

だけど、できることならバリア機能で守ってくれる「味方」につけたい菌だと思うはず



そんな感じで、お肌には一部に、過剰になると悪さをする悪玉菌も居ますけど

多くは 「表皮ブドウ球菌」 という善玉菌のはずだけど

善玉菌って、ちょっとしたことで数が大幅に減少してしまうから大変ッス



善玉菌である表皮ブドウ球菌とは、皮膚上の皮脂や脂肪酸を食べて

高級な保湿成分である グリセリン を産生してくれる大切な菌です

表皮ブドウ球菌が肌の表面に多く存在することで、肌が自動的に保湿されます

また、脂質セラミドを増やし水分の蒸発を抑えることで、保湿力をアップさせてくれる



さらに、わたし達の肌表面には、バリア機能を担う「皮脂膜」があり

その弱酸性の膜(酸)が病原菌の増殖を抑えたり

老化原因の大元である活性酸素を消去するなど、とても重要な役割を果たしています



皮脂膜とは、いわば 「天然の保湿クリーム」

常在菌がつねに棲息し、スキンバリアの最前線として

表皮ブドウ球菌が作用をし、外部からの刺激・攻撃から肌を守る大切な場所になるのです




弱酸性に保つ皮脂膜を構成する、乳酸や酸をつくるのも表皮ブドウ球菌の働きで

それゆえに表皮ブドウ球菌は ”美肌菌” とも呼ばれているんですね



わたし達の肌には、本来、美肌菌によって

自然な保湿力とバリア機能が備わっているはずなんだけど

しかしながら実は、洗顔をするだけで、90% の善玉菌が洗い流されているんです



女性はメイクをするし、誰であれ、最低でも一日に1回は顔を洗いますよね

そんな日常的で当たり前なことで、殆どの美肌菌が無くなるのって大変なことでしょ?



まっ、健全な肌であれば12時間ほどで元に戻るらしいけど

それでも常に、善玉菌が足りていない状況が続いている状態なのだそう



美肌菌が不足すると悪玉菌が増え、お肌本来の天然保湿成分を作りだせず

表面の皮脂膜も形成できなくなり、肌のキメが乱れ

カサカサに乾燥して、シミシワなどの肌トラブルが起こってしまうとのこと



そうならぬように、肌のバリア機能を発揮させられる弱酸性へ保つためにわ

pHバランス:常在菌バランスを善玉菌(美肌菌)優勢にさせ

その数を多く持続的に保てる環境へと変化させてゆく!というのが凄く大事!



つまり、美肌菌である

表皮ブドウ球菌を育成し増やしていくのが『美肌菌美容』というもの




美肌菌美容は、2017年5月と6月に←つい最近ね

高級エステサロンや皮膚科学会でも認められた大注目の美容方法になります





「美肌菌美容」の要となる

”美肌菌:表皮ブドウ球菌を増やして保つ”ってことに

着目して開発されたのが高濃度オリゴ糖W配合「オリゴロジック」なのよ



実のところ、オリゴロジックは先ほどの皮膚科学会でも発表されているし

プロのメイクアップアーティストにも絶賛され

数ある美肌菌スキンケアの中でも、群を抜いて支持されているブランドなのです



善玉菌の不足は、肌を乾燥を招き バリア機能を低下させ

肌荒れやキメの乱れ、シワなどを増やす肌老化へと繋がっていきます



美肌菌である表皮ブドウ球菌の多い方が

乾燥を防いで美肌にもなり、老けて見られる

シミシワなどを予防して肌年齢も若くなれるから、特にヨシ!!ってことなんですね




また、善玉菌の多い状態であれば

どっちつかずだった日和見菌も、善玉菌へと変化し増やすことも可能で

それにより自然な保湿力と守る機能を取り戻せるってことが美肌菌美容のメリット



美人は、そういうことを知っているから美肌なのかしらね?・・・( ‘o’)




3_20171113092417a16.jpg





「オリゴロジック」での美肌菌生活のススメ


既に長々と書いてきた、善玉菌:表皮ブドウ球菌を育成するにわ!なのだが

美肌菌美容に特化したコスメを使わない場合であれば、①部屋を加湿する

②汗をかく ③洗い過ぎない ④化粧品をむやみに使いすぎない
などが有効手段になります

これだと、やることが一杯あって忙しい時は、実行できない項目も出てきそうな気がします



しかし、それ以外にも方法はありまして

発酵菌などの善玉菌を増やすには、「糖」を含むモノが良いらしく

一番手っ取り早いのは、「オリゴ糖」をエサとして肌へ与えてあげることなのだそう



美肌菌美容コスメといわれる品には、オリゴ糖を配合したコスメが殆どなのですが

オリゴロジックに配合されているのは、さまざまなオリゴ糖の中から厳選された

グルコオリゴ糖:α-グルカンオリゴカッサリド という種類です



このグルコオリゴ糖とは、サトウキビに多く見られる天然の糖なのですが

美肌菌:表皮ブドウ球菌の活躍をサポートし

肌が本来もっているグリセリンを増やすことで、保湿力を高めてくれます



それと同時に、悪玉菌の過剰増殖を抑えることにも繋がり

天然保湿成分を増やして保湿力がアガルのと平行し

肌にとって良好な菌バランスを保ってキメが整うとして有名なオリゴ糖なのだとか



しかも、オリゴロジックにわ

そんな特別なオリゴ糖のほか、ホスホリルオリゴ糖Caといった

2種類のオリゴ糖を 高濃度W配合 してあるのがキーポイントなの



表皮ブドウ球菌が喜ぶエサをあげれば、わたし達自身も喜べる結果になるってことね( ^ω^ )



4_2017111309241807d.jpg





まず最初に、オリゴロジックブランドの先駆けとして発売された

カルチャリングセラム(美容液)について


透明で少し、とろみのあるテクスチャーの美容液です



7_20171113092459de2.jpg



このカルチャリングセラムわ

「美肌菌を増やして、自らでうるおう肌になる」というコンセプトの元

開発された美容液なのですが、さすが濃密な美容液ってこともあり

カルチャリングセラムを使うだけで、表皮ブドウ球菌の占有率の変化が如率に現れたのだそう


表皮ブドウ球菌の占有率が使用前→2.7に対し、使用後→4.2

美肌菌の数がなんと!55%もアップ したのが確認されたのだそう



olig1.png


最初にも記載してますが、美肌菌を普通に育成するにわ

気にして幾つかやるべきことがあるわけで

オリゴロジックだとアイテムを使用するのみで美肌菌が増えるんですね




しかも、オリゴロジックカルチャリングセラムわ

美肌菌化粧品で唯一”美肌菌が増えること”が確認された美容液なので安心して使える
 


まっ、このオリゴロジックというブランドって

スキンケア大学所属の茂田正和さんの開発ってところも効果に信頼がおけるかな

つーか、すでに下線部に結果は出てるしね~☆



「赤ちゃんの肌に戻ったような、ふっくらキメ肌が手に入る」として人気をはくし

発売からわずか数ヶ月で、約10万本を出荷したといった実績が

オリゴロジックによる美肌菌美容の高い効果のほどを、ストレートに物語っていると思います



塗り広げた後のお肌は、しっとりうるおいに満ちた状態になれます

いつもなら、最後にクリームで〆るところだけど

保湿クリームをせずともフタがしっかりという風に感じられていますね


とても保湿力の高い美容液だと思いますー☆



6.jpg




そして、美肌菌美容の効果を高めて維持するため

オリゴロジックでは2017年5月に、カルチャリングローションが新発売されました

まだまだ、つい最近の話で、初々しい新商品です!



先ほどのカルチャリングセラムは、美肌菌を増やす美容液

そしてカルチャリングローションとは、美肌菌が生きられる環境をつくる化粧水 です



IMG_2361_2017111309252313a.jpg


さらりとしたテクスチャーの化粧水

バシャバシャ使う系でサッパリかと思いきや、肌へ伸ばすと しっとり落ち着きます




美肌菌って、洗い流すだけじゃなく

化粧品に入ってる防腐剤などでも簡単に死んでしまうのだそうで

そこを何とかしたいってことで、独自に開発された製品がついに完成し登場という感じ



ただでさえ足りていないのに、そういった添加物でも死んじゃうのは困るでしょ?

スキンケア大学所属の茂田さんのコラムによれば

体調を崩した時に使用する薬、抗生物質も駄目なんですって・・・(´・_・`)繊細なんだね



そのため、オリゴロジックでは、独自のベースウォーターを開発し

それを配合したことにより、美肌菌の生きられる環境をつくることが出来たとのこと



しかも、オリゴロジックローションって、ブースター化粧水でもあるため

お肌を柔らかくし、高濃度で配合された2種類のオリゴ糖や、その他の

プロパンジオールなどの濃厚エイジングケア成分をしっかり肌内部へ届け行き渡らせます



独自で開発されたベースウォーターの実証データーも残っており

通常使用される純水との24時間後の生存数比較の結果

ベースウォーターの方が 28倍 も美肌菌の生存が確認されたんですって!
 



olig2.png



さらに、1ヶ月のモニター結果でも、シミシワなどへの改善効果が認められたそうですよ


また当然ながら 防腐剤・着色料・香料・界面活性剤・アルコール

オイルフリーの無添加であり、弱酸性・アレルギーテスト済みとなっております!


無添加・弱酸性・アレルギーテスト済みはローション・セラム同じくだし
 勿論、オリゴロジックの代名詞、オリゴ糖が高濃度W配合なのも共通☆



つまり、オリゴロジックでの美肌菌美容とわ

オリゴロジックローションで美肌菌の生きていくベースをつくり

濃密なカルチャリングセラムが美肌菌に働きかけ仲間(表皮ブドウ球菌)を増殖

ほかの保湿成分に頼らない、自らで自然と潤おう”うるツヤ肌”へと導いていくというものです!




まっ、わたし達って肌を乾燥させないとか、毛穴を目立たせない

もしくは、化粧ノリを良くするために”キメを整えなくちゃ”ってことで

保湿成分などの配合されている様々なスキンケア化粧品で頑張ってケアをしてます




塗布した直後は、潤ったと感じられても、時間が経過すれば

肌がカラカラに乾燥してカサツキを感じたり

毛穴や小じわが目立って化粧崩れを起こすなんてこともあるはず



ただ どう頑張っても、お肌(表皮)が健全に整っていなければ

外から補った水分も留め置けずに蒸発するし

それが切っ掛けとなって、シミくすみ・シワ・たるみなどの肌老化を引き起こすことにも




わたし達の素肌は、健全でありさえすれば

自然と潤い成分や細胞間に必要な脂質(セラミド)などを自動的に作り出すことができる



自らで作り出すってことわ

人が 本当に必要としてる種類の成分 を自然な流れで補給できるってこと

セラミドひとつを注目しても、さまざまな種類がありますし

科学的に合成されたものではなく、全て天然のヒト型セラミドを自動補給していけるわけです



普通の化粧品だけでは、一日に必要な保湿剤を賄えず

「足らない・渇いた」と感じてから補給するのでは間に合っていない状態で

結局のところは、肌本来のうるおいや守る能力には、叶わない・・ということなのよねー



だからこそ、美肌菌が必要であり

表皮ブドウ球菌のつくる、天然の保湿剤が肌には一番大事!






ol_20171112091730303.jpg






肌本来の保湿力とバリア機能を甦らせる、注目の育菌美容コスメ

「オリゴロジック」1周年キャンペーン実施中!

美肌菌化粧品 オリゴロジックカルチャリングローション(200mL)&セラム(60mL)のセット

通常価格4,950円+送料500円が、初回限定 2,970円送料無料 で始められます

300名様限定の40%OFF今だけおトクな限定セット

化粧水・美容液どちらも2ヶ月分の大容量なのに、この価格はお安くコスパも最高だと思う



また、公式サイトにおいて、キャンペーン期間は10月31日までとなっていますが

自分で確認したところ、一応、まだ そのままの価格で購入は出来そうです

興味のある方は、ポチッと押してトライして頂けたらと思います

ただし、期間が過ぎているから、なるべく早めの方がイイでしょうね(ホントに終わる前に)


とてもおトクなセットですし、凄く良いアイテムだと思いますしね~(*´v`)



また、ひとまず試したいという方には、これまたおトクな

カルチャリングセラムのみ1ヶ月トライアルも用意されてます

そちらはセラム(30mL) 通常価格2,000円が 1,000円+送料500円 の低価格設定


トライアルとはいっても1か月も使えるし、普通なら現品サイズでしょ?

お肌の変化は、キチンと実感できるのではないかな・・と思います

わたしも、変化を感じるのって、カナリ早かったのですからね~(ノ´▽`*)b☆



でも、一番のオススメは、やっぱりローションとセラムの併用使いですけどねー

土台(ベース)からケアを出来れば、なお一層、キメが整うのが素早くて

肌荒れとか年齢肌に悩んでいる方々にとっては安心できるかもしれません!

何せ普通でも12時間すれば、善玉菌の数は戻るんですから

一度、良好な数と状態へ整うと、結果が出るのが早いのって当然なような(* ´ ▽ ` *)




オリゴ糖を配合した美肌菌美容コスメをつかう醍醐味わ

美肌菌:表皮ブドウ球菌を増やし それを育み

悪さをする悪玉菌を減らして”キメを整えていき”、肌を健全化することにあります



それを実現させるためには、皮脂膜に棲息する美肌菌の働きは大きく

中でも構造の整った皮脂膜は、表皮細胞のターンオーバーを整え

皮膚をしなやかにするエモリエント作用で、内側から角質層のうるおいも助長します



その結果、お肌へ透明感を与え

赤ちゃんのような、生まれたての素肌へと甦らせていけるのだとか



美肌菌が作用し作り出す 天然の保湿クリームによって

お肌をうるおわせ守れるような強い素肌にすることが美肌へと近づける第一歩!


何をやっても改善されず

乾燥肌やニキビなどの肌荒れ、エイジングサインの気になる皆さま

ご自身の美肌菌を育成されてみてはいかがでしょう



美肌菌美容に特化したオリゴロジックであれば

大切な美肌菌を増やし育てるだけで、肌悩みが解消されるかもしれませんよ(* ´ ▽ ` *)





詳しくはこちらから ご確認下さい





ランキングに参加しています 押して頂けると励みになります

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ












関連記事
スポンサーサイト