FC2ブログ

食べるオイルエステ美容専用亜麻仁油リバランド「セレブ油」肌荒れや乾燥肌・ニキビ肌・アレルギーの解消に摂るべき油(オイル)です! - 美容コスメ☆くちコミしちゃうから

食べるオイルエステ美容専用亜麻仁油リバランド「セレブ油」肌荒れや乾燥肌・ニキビ肌・アレルギーの解消に摂るべき油(オイル)です!

ce1.jpg

乾燥肌の解消に究極のインナー美容「セレブ油」がイイですよ☆


リバランドは、お嬢様酵素ドリンクがとても有名ですね。

でも、今、わたしが飲んでいるのは、エクストラバージン亜麻仁油「セレブ油」なんです。

亜麻仁油って、サプリメントでは摂取していたのですが

オイルそのもの(フラックスシードオイル)としては、初めてになります。


美容にも、ダイエット・健康維持にも良いとされる亜麻仁油ですが

自分としてはおそらく、オイルは飲めないだろうと考えておりました。

油は飲みにくそう、たぶん自分は苦手なはずだといった概念に囚われ・・・。


そんな わたしが何故、苦手なオイルを飲みたいと思ったかといいますと。


実は2月1日に放送されたTBSの番組、「私の何がいけないの?」を観ていたところ

ものまねメイクアップアーティストのざわちんが、寝る前に

毎日スプーン1杯のオイルを飲み続けることで、肌に艶が増し

シミまで薄くなり、お肌が美しくなっていたのを確認したからなんです!


ざわちんの、えごま油腸活の結果として

肌年齢の若返り→(-10歳)、肌のシミの数の減少、油分量の増加→(15歳の状態へ)

そして体重が-5キロ減少と、見た目だけじゃなくデーターとしても出てました。



これは凄い、わたしも飲んでみようって思っちゃいましてね(←単純な思考回路)



ざわちんが飲んだのは、えごま油での腸活でしたけど

わたしが飲んでいる亜麻仁油も、同じような効果を得られるのです。


「天然の美容液」とか「食べる美容オイル」とも呼ばれる亜麻仁油

リバランドでは、『美容専用 亜麻仁油 と称されておりまして

確かに、美容面で特化しているオイルってことは間違いがないと思います。

その中でも、乾燥肌や肌荒れで悩んでいる女子のインナーケアに、是非 おすすめしたい!




ce3.jpg



CELEB油(セレブ油)




セラミドを増やし美肌になる


美肌の大敵は お肌の乾燥ですよね?

乾燥を改善するために わたし達は外からのスキンケアは よく行います

でも 外からだけでは補いきれない場合があるのも確かだと思のです


わたし達のお肌の潤いを保ち 乾燥や外部刺激などから守る働きをしているのは

表皮を構成している一部 角質層が正常であればこそなんです



角質層は 角質細胞と その間を埋める細胞間脂質で出来ていて

細胞間脂質で水分を挟み込むラメラ構造によって お肌は潤い 高いバリア機能を発揮する


細胞間脂質の成分の1つ セラミド が不足してくると このラメラ構造が乱れ

肌が乾燥した状態の カサカサ肌になってしまうワケですね


セラミドって 細胞間脂質の成分の中で 最も保湿力が高い成分ですから

質の良いセラミドを作り出せる環境を整えることが とても大切


作るためには セラミドの材料を揃えてあげることが1つの条件になるけど

その材料となるのが オメガ3脂肪酸」と「オメガ6脂肪酸」 という必須脂肪酸です



実は ざわちんの肌に変化をもたらしのが 亜麻仁油や えごま油の共通な部分

オメガ3脂肪酸』と『オメガ6脂肪酸』を豊富に含有してるから


オメガ3脂肪酸と オメガ6脂肪酸は どちらも必須栄養素だけど

正反対の働きで互いを支え合っており そのバランスが重要とされています 


オメガ3とは α-リノレン酸・DHA・EPAの総称のこと

オメガ6は リノール酸・γ-リノレン酸・アラギドン酸の総称です



乾燥肌や 肌荒れの原因になるセラミド不足は

質の良い脂質である オメガ3とオメガ6を補うことで増える環境が出来ます


セラミドが増加し ラメラ構造を整えることで 肌の水分の蒸発を防ぎ

バリア機能を向上させ 乾燥と肌荒れを防ぐことが可能になるということ


また オメガ3には 皮脂分泌をコントロールする作用がありますからニキビの予防

血液をサラサラにして 新陳代謝をアップする働きがあるので

細胞の生まれ変わりを活発にすることができ 潤いを高め透明感のある肌になれる


シミくすみの改善にも効果的なんですよ (^∇^)






ce4.jpg







細胞を守り老化を防ぐ&若返らせる油分


わたし達の体は 60兆個もの細胞で出来ているけど

細胞1つ1つに細胞膜があることによって 内部環境を一定に保っています

その細胞膜の材料となるのも オメガ3とオメガ6なんですよね (°_°)


特に オメガ3系の成分が不足すると 細胞膜がしっかり構成されず

老化の促進にも繋がってしまいます (´・_・`)


お肌を若々しいハリのある状態にキープするには

細胞を包み込んで守っている細胞膜がしっかり構成されキレイに保たれることで

細胞1つ1つがイキイキとし ピン とハリのある肌を作るポイントになります



顔が老けて見えるなどの老化の原因のひとつが細胞膜の質の悪さになり

老化防止やエイジングケアを行い効果を得るには 細胞膜を意識したケア が必要で

それには 油分 を摂ることが重要なキーポイントになるんです



だからとはいえ 油分ならどれでも良いわけではありません

摂取する油の量や 油の質によって 肌のハリ・ツヤにまで大きく影響していきます


肌を美しくするのは どちらかというとオメガ3脂肪酸の方でして

オメガ3は 皮膚や粘膜の機能を強くし 細胞を正しく機能させる作用があります



細胞膜の材料となるのと併せ 細胞膜を柔らかくする働きと

美しい体の元になる 若々しい血管とキレイな血液を作り出すこと

そして水分や栄養素を細胞に届けやすくする透過性 を与えてくれます


つまり オメガ3を摂取すると 美容成分(栄養など)が細胞へキチンと届き

潤い・ハリ・ツヤアップなどの効果が出やすくなり美肌へとなれるワケなんです


それに 皮膚表面を支える 内側の細胞の形がキレイに揃うと

お肌がピンとして シワたるみを防ぐことにも繋がるってことなのです v(o゚∀゚o)v




オメガ3:α-リノレン酸の主な効果


シミくすみの原因である メラニンの合成を抑制する効果

血液をサラサラにし 肌の代謝を促進する作用や 抗炎症作用と

お肌の皮脂分泌をコントロールする働きによって ニキビ・乾燥肌の改善

細胞膜に透過性を与え 細胞に水分や栄養素を届けやすくする

抗酸化作用によるアンチエイジング効果

アレルギー作用もあることから アトピー・ぜんそくを抑制する効果

便秘の改善や 脂肪燃焼をしやすくするダイエット効果・免疫力アップ・認知症の予防

悪玉コレステロールを減らし 善玉コレステロールを増やす働き・抗うつ効果などがアリ



オメガ3:α-リノレン酸は

美容だけではなく ダイエットや 健康にも好影響を与える優秀な脂肪酸です

なので選ぶなら オメガ3を豊富に含む亜麻仁油のような質の良い油がベスト


オメガ3は えごまとか くるみなどにも含まれていますが

亜麻仁油の場合 50%以上 のα-リノレン酸を含んでいるのが良いトコロ!

その数値は 健康食の代表ともいえるゴマの100倍の含有量なのだそう




中でも リバランドの「セレブ油」は 天然100%の亜麻仁油で 無添加の品です

熱から守る 低温圧搾法 で成分を損なうことなく 栄養価をそのまま摂れます

光による酸化防止のため 遮光瓶に入っていますから

新鮮 かつ無添加・無調整の亜麻仁油そのものを摂取することが可能なんです!


黄金色に輝く美と健康の素です↓(^∇^)
ce7.jpg

味や香りは ほとんど気にならない 意外と飲みやすいと感じられました

苦手なわたしが飲めてますので 皆さんも大丈夫だと思いますよ





CELEB油(セレブ油)




摂るべき油と控えるべき油のバランスが大事


オメガ3だけではなく オメガ6も細胞膜の材料となり

細胞膜をいつも正常にバランスよく保とうとする性質があるので欠かせない油分


どちらも美肌や健康に必要不可欠な必須脂肪酸なので

食べ物などで補う必要がある栄養素です


オメガ6は マヨネーズや サラダ油・スナック菓子など

現代人の食生活から 十分すぎるほど補えていますので

摂りすぎると逆に 肌や体に悪影響を及ぼしかねない脂肪酸です


例えば 細胞膜を硬くして 栄養素などの吸収を阻むようになるとか

血液をドロドロにしてしまったり アレルギーなどを起こしやすくなってしまいます ((´・ω・`;))


ただ そんなオメガ6も 体のホルモンとか免疫系などに関わる油分ですから

悪さをしないように調整する相手が必要になりますよね


その調整の役割を担うのが 正反対の能力をもつ オメガ3脂肪酸だというわけなの



ただ 問題なのはオメガ3脂肪酸が とても摂りにくいということなんです (。´・(ェ)・)


主に含まれるのが 青魚・サケ・亜麻仁油・えごま・くるみ・栗などで

和食中心の食生活の時代は バランスよく摂れていたのですが

食生活が魚から肉に移行している現代人は不足しやすい脂肪酸になるわけですね


しかも 熱や光に弱く 酸化しやすいという性質があるのも不足する原因の1つかも・・

調理をして熱を加えたり 光にあたると酸化しちゃうので

魚であれば :刺身じゃないと まともには増やせないと思うんですよね・・・|ω・`)

わたし 刺身は大嫌いだから 全く足りてないです(T_T)皆さんは どうですか?



オメガ3脂肪酸と オメガ6脂肪酸は 正反対の能力をもつ脂肪酸ですが

なるべく お互いの能力を阻害しない量を摂るのが重要なんです


バランスを保てる環境にしてあげる= 体や美容にも良いこと

その目安は オメガ3が1に対し オメガ6が4 つまり1:4 程度が理想的


ce.jpg





でも 現代人は 0:10とも 0:50くらいの比率があるのでは?といった状態で

『摂るべき油』 と 『控えるべき油』 の摂取バランスが圧倒的に崩れている

食事などでしか補えないのに 摂取している量のバランスが悪いのが最大の問題なのです


なので 厚生労働省が1日に1.6g の摂取を推奨しているほど



そんな大切な油分バランスを整えるには

どーしても食材などで体内へ摂ってあげるしか出来ないワケです


どれで摂るのがベストかと考えれば オメガ3を50%以上も含んでいる

亜麻仁油が わたしは1番だと思いました(簡単ですしね)



それに 亜麻仁油に含まれるおα-リノレン酸は

他の脂肪酸と比べ 肌や細胞への浸透速度が速いという特性がありますので

効果がスピーディーに出ると思います



サプリメントで摂るより は効果を感じるのが早いです

ダイレクトに吸収されるからなのでしょうね


しかも 人気が高く信頼性がある リバランドの「セレブ油」ですから

自分としても選ぶなら 美容専用 亜麻仁油だな・・と考えたワケなの!





ce5.jpg




肌トラブルを解消する最短手段になるかも


お肌の老化が早いとか 年齢肌が気になっている アレルギーが出やすい

肌荒れが絶えないといった方々は 良質な油が足りていない恐れがあるのでは?


お肌が若返り 美しくなれた ざわちんに変化を与えたのは

オメガ3とオメガ6を豊富に含むオイルでの腸活の効果なんです


ざわちんは 乾燥が激しく小さなニキビが出来やすく困っていたとか

摂取する前のビフォー画像では 確かにニキビが多く肌が荒れていましたし・・・


でも 毎日 寝る前に スプーン1杯の油を飲み続けたアフターの素顔は

ニキビも改善し くすみが取れシミが消えており艶っぽく美しい肌になれてた


摂るべき油と控えるべき油の油分バランスが整ったからこそだと思います

細胞膜の質が良くなり セラミドの量が増えたということもあるのでしょうね



そうそう 細胞膜って細胞への情報伝達にも深く関わっているのですよ

つまり 細胞に足らない成分を作れとか 悪いモノを抑えろといった

指令を出す働きに関わっているってことです


オメガ3には その細胞膜の生成・維持・修復に 大きく貢献しますので

老化や損傷した部分を修復し 細胞膜の質を良くしたことによって

さまざまな美肌効果が現れたということなのかもです


ざわちんの肌の油分量が15歳の値にまで戻ったとか

お肌が-10歳も若返ったということに繋がったのかもしれませんね



油の摂取バランスが崩れていると 美容面だけではなく

太りやすくなったり 体が疲れるなど 色んなトラブルが起きるようになりますので

質の良い油が豊富に含まれる 亜麻仁油での腸活をやってみると良いかも



寝る前に スプーン1杯の亜麻仁油を飲むだけです

お肌がツヤツヤになれピンとしますので 試してみて欲しいと思います


実は 購入ページに何も記載はされていなかったけど

今 購入すると リバランド「お嬢様聖水」が1本 特典としてプレゼントされるようです

お嬢様聖水も 美味しく飲ませて頂きましたヽ(≧∀≦)ノラッキー


乾燥肌・ニキビ肌・肌荒れ・年齢肌でお悩み中な女子は

亜麻仁油によるインナーケアをやってみると肌質が改善されるのではないでしょうか?


これからの時期は 花粉症で苦しまれる人も多くなるはずなので

アレルギー体質な方にも おすすめだと思います (* ´ ▽ ` *)




詳しくはこちらからご確認下さい
 

ランキングに参加しています 押して頂けると励みになります
にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

























関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

http://kirei321.blog.fc2.com/tb.php/323-067b966b